眼窩脂肪ヘルニア

眼窩(がんか)脂肪ヘルニア

瞳の外(耳)側のしろめの部分が、耳側から盛り上がって黄色っぽい色調を呈することが有り、これを眼窩(がんか)脂肪ヘルニアといいます。(眼窩とは、頭蓋骨に二つ開いている眼球を収めるための窪みのことです。)

 

原因と治療方法

眼窩内には、眼球の他、外眼筋、視神経、血管などとともに、それらの隙間を埋めるように脂肪が存在しています。この脂肪は、結合組織の膜によって隔てられ、外から見える前方には移動しないようにできていますが、加齢・肥満などの誘引により、眼球奥の脂肪が、結膜の下を這うように前方へ移動してきます。これが眼窩脂肪ヘルニアです。通常は眼の異物感等、比較的軽い症状があるだけで、視力にもあまり影響しませんが、美容的に大きな問題となることが少なくありません。

治療は、手術によって結膜、テノン嚢という組織を切り開き、脱出した脂肪を切除し、再発予防のために、脂肪が脱出していた部分のテノン嚢を縫い合わせ、結膜を縫合します。当院では、炭酸ガスレーザーという機械を使うので、出血がとれも少なく20分程度の日帰り手術が保険診療で可能です。

この病気の手術を行っている病院は意外に少なく、何箇所もも大学病院を回った後に当院へ来られる方もいらっしゃいます。気になる方はご相談ください。

TEL:046-236-5830午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~17:00
TOPへ戻る
診療時間
9:00~12:00
13:30~16:00

[休診日] 木曜・日曜・祝日