屈折異常(近視、遠視、乱視、弱視、斜視)

屈折異常とは

眼球の構造をカメラ(デジカメでなく古い銀塩カメラ)に例えると、眼球前部にある角膜と水晶体が対物レンズ、眼球の奥にある網膜がフィルムにあたります。眼内に入る光は角膜と水晶体を通る際屈折し、網膜上(黄斑部)にピントを合わせます。角膜の屈折率は一定ですが、水晶体は水晶体を支える毛様体筋が収縮することにより厚くなり、屈折率を高くすることができます。これを調節と呼びます。調節が行われず水晶体が薄い(屈折率が弱い)状態ではピントは遠くに合い、調節を行って水晶体が厚く(屈折率が高く)なるほど近くにピントが合います。調節ゼロの時に網膜上にピントが合う眼を正視、網膜より前にピントがずれる眼を近視、網膜より後ろにずれる眼を遠視といいます。近視は遠くを見る(調節行わない)時、網膜より前にピントがずれるのでよく見えません。近くを見ようとする(調節を行う)と、さらにピント位置が前に来るのでより近くが見えるようになります。若い頃は「目が悪い」といわれますが、中年以降は裸眼で近くが良く見えるので近業には便利です。遠視は遠くを見る時、網膜より後ろにピントがずれるので無意識下に調節が行われ、網膜上(前に)にピントを合わせています。若く調節力の強い時期はよいのですが、中年になり調節力が落ちてくると近見困難が生じ(老眼)、網膜後方へのピントずれが調節力で賄いきれなくなると遠見視力も低下します。中年以降は遠くも近くもメガネがないとよく見えません。乱視は角膜や水晶体の歪みなどが原因でピントが1点に集中しない状態をいいます。

  • 屈折異常とは
  • 屈折のしくみ
  • 近視
    近視の程度により、ある距離より遠くは霞んで見にくいのですが近くはよく見えます。中年以降老眼になってもメガネを外せば近くが見えるので、人生の後半になると近視も悪いものではありません。
  • 遠視
    極端に強くなければ、若い頃は遠くも近くも見えるので「目がいい」と言われますが、40歳~45歳ころから手元が見えにくくなり、やがて遠くも見えにくくなります。人生の後半になるとメガネなしでは遠くも近くも見えにくくなり、とても不自由になります。

子供の近視

「仮性近視といわれて目薬を続けているが、だんだん視力が悪くなってきている。」、「近視を予防したり、治したりする方法はありませんか?」などという質問を保護者の方から受けることがあります。仮性近視とはなんでしょう?
「TVの見すぎや、ゲームのやりすぎで一時的になる近視?」、「一時的なものだから、治療すれば治る?」残念ながら答えは、いいえです。仮性近視の存在そのものが、学問的には否定されつつあります。近視になる原因は以前から世界中で議論されていますが、結局よく分かっていません。星など遠くのものを見つめる、姿勢をよくする、暗いところで本を読まないなど、近視予防に役立つといわれてきたことも、科学的な根拠はあいまいです。

ほとんどの場合、近視は治りません。民間療法、視力回復センターなどで視力がよくなったという方を何人も診たことがありますが、目を細めたり、視力表を覚えたりすることで視力が改善したと錯覚している場合がほとんどで、近視そのものが治ったのをみたことがありません。
教室で黒板の文字が見えにくくなったり、目を細めて物を見るようになったら、眼科専門医に相談してください。必要に応じて、眼科医が発行する正しい眼鏡処方箋をもって、正しい眼鏡を作られる事をお勧めいたします。

屈折異常の検査

目の中の焦点が合う位置を調べる屈折検査や角膜から網膜までの長さを測定する眼軸長検査を行って、近視、遠視、乱視などの屈折異常を診断します。

その診断結果をもとに視力検査を行い、裸眼およびメガネなどで矯正した状態での視力をそれぞれ測定します。また同時に、原因特定のために他の目の病気が発生していないかも確認します。

屈折異常への対応方法

屈折異常は多かれ少なかれほとんどの方にあるものですが、日常生活上不自由を感じるほどの屈折異常に対してはメガネやコンタクトレンズを処方して矯正することになります。
又、成人の強い屈折異常に対しては、LASIK、有水晶体眼内レンズ手術、白内障手術等の外科的治療を行う場合もあります。

ただし、矯正の必要がない状態が目にとってベストであることに変わりはありません。パソコンやスマートフォンの普及した昨今、大人になってから近視になる方が増えているといわれています。目にできるだけ負担をかけない生活を心がけ、屈折異常の進行予防に努めることもまた大切です。

なお、まだ意思表示の難しい小さなお子さんの場合、屈折異常の原因に弱視や斜視が潜んでいる可能性を考えて、気になる様子があれば保護者の方がすみやかに眼科を受診させてあげるといった特別な対応が必要になる場合があります。

弱視とは

弱視とは乳幼児期~学童期の屈折異常(特に遠視)、斜視、眼瞼下垂などが原因で、脳の視覚を司る部位の発達が阻害された結果、屈折異常等の原因を除去してもよい視力が得られない状態のことをいいます。脳の視覚領域の発達は、9~12歳ころまでにおわってしまいます。この年齢までに屈折異常等の原因を取り除き、正しい視覚刺激を与え脳の視覚領域の発達を促す必要があります。近視の場合は近くにピントが合うので弱視の可能性はほとんどありませんが、遠視が強いと遠くも近くも常にピンボケの状態なため弱視になる可能性があります。

弱視の原因

人の目は生まれてすぐの段階からはっきりと見えているわけではありません。その後の成長過程で焦点が網膜上で結ばれた鮮明な像を視認する経験を積み重ねていくことで、徐々に脳や視神経の働きが増していき、最終的には8歳くらいまでに視力の発達が完了するといわれています。この視力が最も発達しやすい時期を臨界期といいます。

ところが、この臨界期に遠視や乱視、片方の目の視線がずれている斜視などのせいで鮮明な像を視認する機会がないままに成長した子どもの場合、視力の発達が遅れたり、止まってしまうことがあります。これが弱視の起こる主な原因です。

また、弱視に対する治療の効果も臨界期を過ぎると上がりにくくなることがわかっています。したがって、まだお子さんが小さいうちにできるだけ早く発見してあげることが弱視の治療においては重要となります。

弱視の治療

遠視や乱視が原因の弱視の場合、視力を矯正するメガネを常時着用し、焦点が網膜上で結ばれる状態を維持することで、視力の発達を促します。

また、片目だけが弱視の場合、メガネの着用とともに視力に問題がない方の目をアイパッチのような遮閉具で塞ぎ、弱視の方の目だけでしっかりと見るように図ることで視力の発達を促すこともあります。

子どもの屈折異常の早期発見のために

小さな子どもはまだ意思の表示が難しく、自分の目がはっきり見えない状態であることをまわりにうまく伝えることができません。そのため、お子さんの普段の行動の中に何か気になる点がないか、保護者の方が気をつけてあげる必要があります。

例えば目を細めることが多かったり、テレビを画面の近くに寄って観たり、目の前のものをつかみ損ねやすいといった様子に気づいたら、すみやかに眼科を受診させてあげるようにしましょう。

また、自治体によって行われる乳幼児健診や、幼稚園、小学校で行われる健診などで目に関する指摘があった際にも同様に受診させてあげるようにしましょう。

斜視とは

本来は同じ方向を向くはずの左右の目のうち、どちらか片方の目だけが違う方向を向いてしまう状態を斜視といいます。

斜視の状態では左右で視線の行き先が異なるため、見ているものに対する距離感や立体感を正確に把握することが難しくなります。また、ものが二重に見えたり、違う方向を向いている側の目で見たものがぼやけるといった症状も現れる場合があります。

そのため、小さなお子さんの場合、斜視のせいで無意識に片方の目を使わなくなることがあるので、保護者の方においては弱視へと発展する可能性も考慮して、すみやかに眼科を受診させてあげることが必要になります。

斜視の種類

斜視は片方の目が向いている方向によって、大きく以下の4種類に分類されます。

  • 内斜視
    片方の目だけが内側に向いている斜視です。
  • 外斜視
    片方の目だけが外側に向いている斜視です。
  • 上斜視
    片方の目だけが上側に向いている斜視です。
  • 下斜視
    片方の目だけが下側に向いている斜視です。

どの種類の場合も原因は眼球を動かす筋肉や神経の異常であることが多いのですが、内斜視の場合は強い遠視が原因となるケースも少なくありません。

斜視の治療方法

斜視の種類や年齢などによって治療の方法は変わる場合がありますが、目的は斜視になっている片方の目の弱視を予防または改善し、ひいては両目の視力を改善することにあります。

メガネによる治療

斜視の原因が遠視の場合、凸レンズのメガネを常時着用して遠視を矯正することで、目が正常な向きに戻ることがあります。

プリズムメガネによる治療

光を曲げる働きのあるプリズムレンズを用いたメガネを着用することで、目に入ってくる光を斜視の目の位置に合わせて補正し、両目ともに同じ方向を見ている感覚を疑似的に作り出す方法です。

特に両目線を合わせようと無意識に過度の力を使うことで眼精疲労を起こしている場合や、ものが二重に見える場合などに有効とされています。ただし、どの斜視にでも効果があるわけではありません。

手術による治療

眼球を動かす役割を持つ外眼筋の位置を外科的な手術でずらすことによって、眼球を動かす力の強弱バランスを調整し、目を正常な向きに戻します。

TEL:046-236-5830午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~17:00
TOPへ戻る
診療時間
9:00~12:00
13:30~16:00

[休診日] 木曜・日曜・祝日